セカンドキャリア/ライフ「自分の使命を知る」〜瞑想合宿に参加してみた

ブログ
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

大学院を卒業後、大学職員として、心のケアをする宗教者(臨床宗教師)の育成プログラムの事務局の仕事をしながら、自分が今後何をすればよいかを考え始めました。

東日本大震災の被災者、特に、配偶者、子供などご家族を亡くした遺族のみなさんに寄り添うことの意義、また、臨床宗教師という日本における新しい専門家を育成するお手伝いをするのも楽しいことでした。

しかし、自分自身が宗教者ではなく、また、グリーフケア、スピリチュアル・ケア、そして死生学について学んだとしても、大学の教員でもない自分に、できることは事務作業に限られていました。

自分の今後のことを考え始めた時、『100%HAPPIER』という本を書店でたまたま見つけて手に取りました。

これはダン・ハリスという米国のニュースキャスターが書いた本で、ライバルとの競争、ドラッグ依存症などで、うつ病を経験した著者が、ディーパック・チョプラなど精神世界のリーダーを取材する中で、今流行のマインドフルネス瞑想にたどり着くという実話です。

ダン・ハリスは、カルフォルニアで実施される10日間の瞑想合宿に参加することになります(費用は1000ドル)。ここでは、毎日、およそ10時間、瞑想をおこないますが、「無言の行」といわれる、誰とも話してはいけないという条件があるのです。10日間、誰とも話してはいけないのです。

もともと、瞑想には関心を持っていました。

でも、長時間、目を閉じて座ることに、居心地の悪さ、我慢出来ない退屈さ、そして、本当に何か効果があるのかという疑問から、1度だけ座禅会に参加しただけでした。

ダン・ハリスは、この10日の瞑想合宿を、「人生でいちばん意義深い体験に近い」と書いていました。

私も、この合宿に参加してみたいと思い、インターネットで、色々探してみると、日本でも同じような瞑想合宿を受けられる場所が、京都と千葉にあることがわかりました。

ヴィパッサナー瞑想という、初期仏教で行われた、ブッダの瞑想といわれるもので、マインドフルネス瞑想のもとになっていることを知って、この施設のうち、申し込みが間に合った9月の下旬に、千葉に行くことにしました。

この体験は、確かに、人生の中で意義の深い体験になりました。

でも、実際に合宿に参加している12日間は、大変でした。

次回、そのことについて書いてみたいと思います。

スポンサーリンク