セカンドキャリア/ライフ「コミュニティとつながる」〜サークル活動をしてみた(1)

ブログ
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

セカンドキャリア、セカンドライフの成功の原則は、下記の4つです。

  1. 真の自分を発見し、真の自分になる(自分の使命を知る)
  2. 学ぶ
  3. コミュニティとの繋がりをつくる
  4. コミュニケーション、リーダーシップを実践する

今日は、3の「コミュニティとの繋がりをつくる」に関することで、私が50歳を過ぎて、トーストマスターズ・クラブという英語・日本語バイリンガルのスピーチクラブに入会した経験について、お話したいと思います。

トーストマスターズ・クラブというのは、米国のNPO教育団体で、スピーチ術とリーダーシップを実践で学ぶサークル活動をしており、日本にも、180あまりのクラブがあり、仙台にも当時、2つのクラブがありました。

前にお話したように、私は、東北大学の大学院に入学していたのですが、英書講読という授業はあるものの、英語を話す機会は当初ありませんでした。ところが、最初の年の秋に、国際学会が大学で、開かれることになって、私も、海外からも招聘された学者の皆さんを世話する係になったのです。

もともと英語で話すのが得意でないことに加えて、数年、英語を話すことからすっかりご無沙汰していたこともあり、話すことも、聞くことも全然できません。ゲストの偉い先生から、「頼んでおいた、キャンディが欲しい」と言われて、慌てて、飴とチョコレートを渡したら、candyではなくて、 candle(ロウソク)のことだったという、今から思えば笑い話ですが、これはまずいと思いました。

ということで、英語を学び直ししようと思っていたところ、図書館で、トーストマスターズクラブのメンバー募集の張り紙を見つけたのがきっかけで、入会することになりました。

このクラブは、毎週土曜日の夜6時から8時までの2時間、例会を行います。

会員は30人くらいですが、毎回、十数名が参加します。英語で行う会と日本語で行う会を交互に行います。各例会は、5分〜7分のスピーチをマニュアルに従って行うプログラムを中心にして、質問者がする質問に、即興で2〜3分で答えるテーブルトピックスというプログラム、スピーチへのフィードバックを行うプログラムで、約2時間になります。

さて、このクラブは、コミュニティ・クラブという位置づけで、仙台市青葉区付近で働いたり、住んでいたりする人が多く参加しています。私が入会した時には、東北大学の大学院生、大学生、留学生が中心ですが、その他、北米出身者が数人いて、あとは、仙台市内在勤者という構成で、東京から仙台に来て1年以上経っていましたが、大学以外には知り合いもなく、始めて、コミュニティ活動でした。

トーストマスターズクラブに入会して、また、新しいクラブにも参加する機会に恵まれて、様々な出会い、経験をしました。

シニアになってからコミュニティに参加するのが何故難しいのかということもふくめて、次回はコミュニティ活動の魅力について考えたことを書いてみようと思います。

スポンサーリンク