セカンドキャリア、セカンドライフ「学ぶ」〜大学院に入学してみた(1)

お知らせ
キャリア・天職

セカンドキャリア、セカンドライフの成功の原則は、下記の4つですが、今日は、2の学ぶに関することで、私が50歳を過ぎて、大学(院)生に戻った経験について、お話したいと思います。

  1. 真の自分を発見し、真の自分になる(自分の使命を知る)
  2. 学ぶ
  3. コミュニティとの繋がりをつくる
  4. コミュニケーション、リーダーシップを実践する

40代のころから、人生の意味は何なのか、死んだらどうなるのか、死ぬときはどんな気持ちになるのか、ああでもない、こうでもないと考えていました。50歳くらいになったら、仏教とか死生観に関する思想とかを、大学に入り直して勉強してみたいなあと夢想していました。

たとえば、シンガーソングライターの小椋佳さんが、50歳くらいで母校東大に入り直して(法学部出身)、学部、大学院で哲学を学んだという話もありました。

また、直木賞作家である、五木寛之さんも、48歳で2回目となる休筆に入った際に、京都にある龍谷大学の聴講生になり、親鸞について学んだということはよく知られています。

私の場合は、東日本大震災の翌年に、東北大学・文学研究科(大学院)で始められた、遺族の心のケアをする宗教者(臨床宗教師)の活動に参加したいと思い、東京での仕事を辞めて、2年間の予定で、大学院に通うことになったのです。

研究室で、休み時間に宗教学専攻の学生たちと話していると、ちょうど、自分がこの子達の親の年代であることに気づいて、ある種の感慨を覚えましたが、やはり、純粋で、フレッシュな感性に触れ合うことで、楽しい時間を過ごすことができました。

また、私は大学の時に論文も書いたことがなかったので、研究室で、大学院生が、準備している論文について発表し、皆がフィードバックする場という貴重な体験でしたし、論文というものが、定義された言葉を使って、ある事柄を証明し、過去の業績にあたらしい何かを追加するという特殊な形式のものであることを発見して面白かったです。

学ぶということは、私のとって、かけがいのない充実した時間でした。

自分の興味のあることを学び、考えるのは本当に楽しいです。

私にとっては、法律、経営、会計といったビジネス実務に関する「役にたつ」知識を学ぶことより、宗教学がそのフィールドとする、死生観のような、言わば、役にたたない学問のほうが、人生そのものには役に立つように思われます。

大学を聴講するのも一案ですが、学生になると、他の学生のみなさんや、先生方、研究者のみなさんともおつきあいができて、また一層深い学びになることうけあいです。