コミュニケーション向上

良いスピーチとは?〜7つの秘訣(3/3)

良いスピーチとは何か 良いスピーチとは何かを、内容を相手により良く伝えるという観点で考える手がかりとして、米国の教育NPO団体「トーストマスターズ」が、昨年導入した新しい教育プログラム「Pathways Learning Experi...
コミュニケーション向上

良いスピーチとは?〜7つの秘訣(2/3)

良いスピーチとは何か 良いスピーチとは何かを、内容を相手により良く伝えるという観点で考える手がかりとして、米国の教育NPO団体「トーストマスターズ」が、昨年導入した新しい教育プログラム「Pathways Learning Experi...
コミュニケーション向上

良いスピーチとは?〜7つの秘訣(1/3)

良いスピーチとは何か どういうスピーチが良いかは、一般的には言えないですね。 内容を相手により良く伝えるという観点で考えると、いくつかの基準が考えられれます。 ここでは、米国の教育NPO団体「トーストマスターズ」が、昨年導...
コミュニケーション向上

なぜ伝わらない?コミュニケーションの成否は相手が決める

コミュニケーションの成否は相手が決める コミュニケーションの成否は聞き手が決めます。 話し手である「私」が何かを言ったとしても、「相手」に聞いてもらえるかはどうかはわからないのです。 「相手」が聞いている(ように見える)として...
コミュニケーション向上

人前で話す恐怖を克服する方法

人前で話すのは怖い? アメリカ人が最も恐れるものは、何でしょう? ー「人前で話すこと。2番目は死ぬこと」 これは、スピーチに関してよく聞く話(ジョーク)ですが、出典は、 アメリカで出版された『The Book...
未分類

セカンドキャリア/ライフ「マインドフルネスは死の恐怖を和らげる?」(2)

合宿から終わった日の夜は、そのまま都内ホテルに泊まったのですが、その晩も、瞑想を1時間しました。部屋の電気を消して、相当暗くしましたが、恐怖心がなかったことが、少し驚きで、うれしかったことを覚えています。 ビジネスホテルに泊まると、ど...
マインドフルネス

セカンドキャリア/ライフ「マインドフルネスは死の恐怖を和らげる?」(1)

瞑想合宿に参加したら、かえって死が怖くなった 以前、マインドフルネス瞑想のお手本とも言える、10日間のビパッサナー瞑想合宿で、「無言の行」を体験したことを書きました。瞑想の目的のひとつに、「生老病死」の苦しみから逃れるということがあります...
ライフスタイルデザイン

セカンドキャリア/ライフ「将来への不安へどう対処すればよいか」

10代、20代の不安が大きく、深刻なのはよくわかりますが、もちろん、40代、50代の中にも、自分自身のセカンドキャリア、セカンドライフに不安を持つのも当たり前です。 私も、50歳を過ぎて、数年前に得たばかりの仕事を辞めて、長く生活した...
キャリア・天職

セカンドキャリア「転職活動」〜市役所「社会人経験者」試験に挑戦してみた

セカンドキャリアを考える上で、自分の人生の意味を考えるために、もう一度、学び直しをしたり、自分探しに明け暮れたとしても、まだ、50代で収入なしで生きていくこともできませんね。 私も、大学院の卒業後、仕事をどうしようかと考えた時、住んで...
キャリア・天職

「ヒトの寿命は55歳説」から考えるセカンドキャリア・人生設計(2)

プロ野球の元名監督が70歳でお亡くなりになりました。 まだ、若い、これからだったのに、本人もまだやり残したことがあっただろうに。残念、無念。 数年前に、歌舞伎の大物役者が、57歳で亡くなった時は、もっと、その若すぎる死に対して、...